○○会社 本文へジャンプ
ipo(株式公開)アドバイザリーサービス


ツールとしてのipo(株式公開)


ipo(株式公開)は、企業の成長ツールとして多くのものを与えてくれます。しかし、ともするとipo(株式公開)が目的となってしまい、企業の成長戦略がないがしろになってしまっている企業が多いのも事実です。
弊事務所では、クライアントの成長戦略の中の1つのツールとしてipo(株式公開)を位置づけ、貴社にとって、ipo(株式公開)が貴社の成長する過程で最大限の効果を発揮するようアドバイスを行っています。

ipo(株式公開)の専門家として


弊事務所には、証券会社の公開引受部に所属し、3大監査法人においてもipo(株式公開)業務を行ってきた所員がおり、ipo(株式公開)の専門家としてのアドバイスを行っています。
資本政策案作成及び検討、幹事証券会社対応、監査法人対応等、主に貴社経営幹部の知恵袋として、アドバイスを行う事になります。

具体的なサービス提供方法

定期的な貴社への訪問により、ipo(株式公開)準備段階におけるリスクの指摘及び解決方法についてアドバイスを行います。経営会議及び取締役会への参加により、経営陣に対し、上場審査上問題となる事項の指摘及び上場審査側の考え方等についてアドバイスを行います。


弊事務所の利用価値

上場申請資料の作成業務等を外部委託する場合には多額の報酬が必要とされます。しかし、外部委託により上場に必要な資料等の作成が出来上がってしまうのも事実です。
弊事務所では、上場に必要な形式基準の達成及び上場審査資料の作成過程において、貴社の強み及び弱みの認識、上場後のディスクローズのノウハウの集積が行えると考えます。
弊事務所では、上場企業としての体力と品格を獲得していくことが上場準備の最大のメリットと考えています。



   
Copyright cpa & cpta Hidekazu Yamamoto All rights reserved.